お葬式での香典マナーに気をつけよう

お葬式での香典マナーに気をつけよう お葬式に参加する際、必要となるのが香典です。香典を準備しなければいけないと知っていても、香典マナーについてあまり知らないという人も少なくありません。そもそも香典とは、お葬式において亡くなった人に香料としてお供えするかわりの金品のことを指します。昔香典は「香奠」と書かれていましたが、すすめる、霊前にお供えする金銭や物品という意味が含まれており、お葬式に使われるお米等をお供えすることもありました。現在では香典と言えば現金を包むのが一般的ですが、お米等の物品の場合も、故人の親戚、特に親しくしていた人は香典として量を多くしていました。俵でお供えする地域では、祭壇の横に飾る習慣もありました。昔のお葬式の際には、故人の遺族は籠もる習慣があり、お葬式の準備は近所の人々や地域の人が集まって執り行われていました。その人々の為にもお米等の物品は使われ、香典として大きな役割を果たしていたのです。

また香典には別の意味もあると言われています。香は本来仏教の伝来と共に日本に伝わり、お釈迦様が亡くなった時に香木を集めて荼毘に付すとされていたことから、香を持ち寄り、絶やさないように霊前で焚いてお供えをしていたことに由来しているという説です。仏教では、人が亡くなって四十九日間を中陰と呼びますが、この間遺族、会葬者も香を持参したことが香典の由来となっていると言われています。このように物品をお供えしたり、香を焚いて供養して故人を見送る手段にしていましたが、時代と共に物品や香からお金を供える方法に変化していったと考えられます。

現在では、香料を香典として現金で供えられることが常識となり「香典」とは、人が亡くなった際に持参するお金として認識されています。近年、家族が亡くなっても家族葬等で内々だけでお葬式を済ますケースも増えており、また、近所の人が手伝うという風習もなくなってきた為、香典についての知識やマナーについてあまり知らないという人も少なくありません。最も悩むことは、いくらくらい包むべきかという点でしょう。また、どんな袋に入れたらよいのか、名前の書き方等、故人との関係性や宗教等によっても異なります。また、渡すタイミングも色々ありますので考え出すときりがありません。会社の上司や、お世話になった方、あるいは親しい友人が亡くなった場合等、失礼のないようにお見送りする為に、社会人としての常識としてお葬式における香典のマナーは身につけておくことをお勧めします。

最新ニュース